スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

須磨寺

今日は須磨寺に行ってきました。

須磨寺は高野山と同じ真言宗のお寺で、その他三寺院があります。


IMG_0097_convert_20151011212556.jpg

山陽電鉄の須磨寺を出て左方向に商店街がありその切れ目に休憩所が

休憩所の隣には茅の輪があります。

ボニートの健やかな成長を祈願しながら茅の輪くぐりをしました。


IMG_0099_convert_20151011212803.jpg

休憩所にはボクサーも蔵吉も顔を出した

顔出し看板があります。

勿論、ボニートも顔出し


IMG_0125_convert_20151011213236.jpg

休憩所の前の信号を渡るともう少し参道が続きます。

お大師様の日である21日はこの辺りは出店が出て賑やかになります。

初めて須磨寺を訪れた日は21日で縁日が立っていました。


IMG_0114_convert_20151011213022.jpg

山門を抜けて、右手にある手水舎で清めてからさらに参道を進むと左手に桜寿院の横に

平敦盛(右側)と熊谷直実(左側)の一の谷の戦いの像が

平家物語での一番の悲話ありながら美しい場面を再現しています。

桜寿院には高野山東京別院にもあるダルマのおみくじがあります。

機会があれば是非、このおみくじを引いてみてください。


IMG_0119_convert_20151011213159.jpg

蓮生院の左奥には弘法大師の立像が。

東京別院にも同じ様な立像があります。

今回の旅行では沢山の弘法大師の像を見る事が出来ました。


IMG_0117_convert_20151011213109.jpg

この石段を登ると須磨寺があります。

今回はボニートは石段の下までしか行きませんでしたが

ワンコも須磨寺の境内の中まで行くことは出来ます。


IMG_0105_convert_20151011212928.jpg

石段の下、左手には宝物殿があります。

その前にベンチがあって一息付く事ができます。

ベンチの横にある亀の背中に載ってる七福神とか目が回ったり首が回るカエルとか

須磨寺一帯には面白い像が沢山あるので、1つ1つ見て回るのも面白いかもです。


須磨寺のるるぶ的ブログになりましたが、

是非是非、訪れてもらいたいお寺なのです。


この日は須磨寺散策とボニートが大ハッスルの同世代日本テリアちゃん達との集いをしました。

後半は後記で書きます~




コメント

非公開コメント

No title

関西の旅 今回はボニーと君と一緒ですね、須磨寺をご紹介うれしいです、毎日歩いてるところなのに目線が違うと ここどこだ!というところがあり踊ら着ました、やはり地元人間よりもみなさんのほうがきちんと見れれてるということですね、改めて良さを感じましたありがとうございます、

No title

ボニート君初の関西の旅・・・ボクサーくん・蔵吉くんと歩いた場所は思い出して、感慨深かったのではないでしょうか?
関西方面に旅行できない私にとって、ボクサー’S家の旅のレポートは、本当に楽しませて頂いてます。
須磨寺だけは、昨年短時間でしたが寄れたので・・・「あった!あった!」と喜んでますが、まだまだ時間を掛けて回ってみたい場所ですね。

日本テリアも世代交代の時期にきて、可愛い仔達が見られるようになりました。
豆・姫兄妹も来られたのでしょうか?・・・カピラさんでの集いが楽しみですね~。

No title

☆カピラさん
御世話になりました!
日頃から傍にあるものは
あって当たり前になってますから、
改めて知ることってありますよね♪
須磨寺はすてきな所ですから
もっと賑やかになると良いですね~。
次回はボニート連れて須磨寺さんへ参拝したいです♪

No title

☆まこちゃんさん

楽しい旅もあっというまでした。
我が家のblogを楽しみにしてくださり
ありがとうございます。

蔵吉と昨年来たんだなと思うと
さみしくなりました。
ボックスも蔵吉も一緒に行ってましたね、きっと(^_-)☆
プロフィール

ボクサー’S

Author:ボクサー’S
愛犬との日々の出来事です。

ボクサー 白黒チワワ 

蔵吉   日本テリア 

Bonito 白黒チワワ

東大阪生まれのボクサー
堺生まれの蔵吉 
加須市生まれのBonito 
  

最近の記事
ボクサーの誕生日時計
蔵吉の誕生日時計
BONITOの誕生日時計
FC2カウンター
リンク
最近のコメント
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。